Tポイントを【貯めて使って】スマホから投資ができる!

貯めたポイントで投資、投資信託は今年がスタートアップの年になりそうです。

楽天ポイントなど各種ポイントで投資できる仕組みが次々できていますが、Tポイントも参入です。
SBI証券、CCCマーケティングが手を組んで新証券会社「株式会社SBIネオモバイル証券」を設立します。

Tポイント投資のサービス概要

Tポイント投資は株式投資、ロボアドバイザー投資を「株式会社SBIネオモバイル証券」で行います。

Tポイント投資の主な概要は

・取引に応じたTポイントの付与
・Tポイントを使った金融商品の購入「Tポイント投資」
・スマートフォンだけで完結する取引環境
・格安な手数料体系
・Tカードの購買データを活用した独自の投資情報

取扱商品

・国内株
・ロボアドバイザー(WealthNavi)

つまり、いつでもどこでも、スマホから国内株やロボアドバイザーに接続できる。
しかも、いままで貯めたTポイントも使えて、また貯めることもできる。

新時代の資産運用、投資信託です。

Tポイント投資で知りたいこと

いつからTポイントで投資できるの?

営業開始日は2019年春を予定しているそうです。認可がおりれば、早くなるのでしょうか。

ユーザーのメリットは何?

本日2018年10月30日発表です。
全容はわかりませんが、従来貯めたTポイントを使うだけでなく、さらに資産として増やすことができます。

「投資は損する、怖い」イメージがありますが、ポイントを使って投資もできるので実損なく始めることも可能。

ロボアドバイザーも同じです。ウェルスナビの利回り実績も享受できる可能性がある。

詳しいウェルスナビの内容はこちらで

コチラのサイトからウェルスナビを申し込むともれなく1500円のキャッシュバックあり

自宅にいなくても投資が可能。

ほかにもありそうですが、本日発表の内容からはこんなところが読み取れます。

 

準備しておくことは

Tポイントでお買い物をしていた方で投資に興味がある方は、来春までポイントを貯めておく。
来年・2019年の4月までポイントを貯めておいて投資を始めるのも悪くないです。
ほかのポイントでTポイントに変換できるものはひとつにまとめておく。

Tポイント投資の背景は

Tポイントは179社が加盟し、利用者は6788万人(2018年9月現在)です。日本の人口半数以上です。

特に20代が1000万人以上の登録です。若者、投資の初心者に関心を持ってもらう工夫をして投資へ呼び込みます。

「ポイント投資」はNTTドコモの「dポイント」や楽天証券の「楽天スーパーポイント」が先行しています。
Tポイントは株式投資だけでなくウェルスナビもできるので、一気に利用者が増える可能性があります。

我々は、利用しやすい環境を作っていただければ助かりますね。
まだあまり流布していませんが、そのうち凄い人出てくればブームになるかもです。

たとえば、こんな人

貯めたポイント10万ポイントでポイント投資始めました。運も重ねって、1年で1億になりました。
東京12チャンネル系列WBSでこんな特集組まれたら一気に来そうです。(笑)

ポイントを貯める人たちを「ポイントゲッター」と言います。
アナタもポイントゲッターになりましょう!

楽天ポイントでも投資できます。

 

Tポイント投資が来春から始まるにあたって、今からできること、準備しておくことをまとめてみました。
どの世代でも貯蓄だけでなく、投資、資産運用は大事になります。

いまある資源、財源(お金、ポイント)を賢く将来に生かしましょう。

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。