ねこ博士のPips_miner_EA_Snipe_Edition発売。Pips_miner_EAとの違いは?

ねこ博士のPips_miner_EA_Snipe_Editionが発売されました。

11月の発売だと思っていたのに。
量産体制ですね。

Pips_miner_EA_Snipe_Edition
新規フィルター搭載による高精度バージョン
新規フィルター搭載による高精度バージョン?|?fx-on.com

Pips_miner_EA_Snipe_Editionは本家Pips_miner_EAの上位版(精度が高い)です。
勝率をさらに高くしたようです。

当たり前ですがその分、Pips_miner_EAほどエントリー頻度が高くないです。

ワタシ、Pips_miner_EAのほかに「Pips_miner_EA_Summer_Edition」も持っていますが、このふたつ、ほぼ同日時にエントリーします。
本日(18年10月31日)もそうでした。

このふたつ、十分に高勝率だと思います。

問題はDD(ドローダウン)です。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionの設定では、SL(ストップロス)は80pipsですが、バックテスト、フォワードテストを見るとかなり浅めにロスカットしています。

従来よりも高勝率で損失が抑制されるのなら、ある程度勝負を掛けられるEA(自動売買)になります。

どの程度のロット数に設定するかは各自の自由ですが面白いEA(自動売買)になりそうですね。

Pips_miner_EA、Pips_miner_EA_Summer_Edition、Pips_miner_EA_Snipe_Editionの違い

Summer_Editionは現在販売停止中です。

本家Pips_miner_EAがベースとなって、さらにPFを高めたり、エントリー頻度を変えたのが、Summer_EditionとSnipe_Edition(☆今回の新作EA)です。

Summer_Editionが発売停止中なので、Snipe_Editionを開発した意味もあるようです。

前回の記事でも書いたのですが、本家の本家Pips_miner_EAは時として「やんちゃ坊主」です。
安心していると、時にバカンと満塁ホームランを打たれます。今年の本家の成績はこちらで

2018年本家Pips_miner_EAの検証と実績

満塁ホームランを打たれずに、ヒット、二塁打で止めておくのがSnipe_Editionです。
まだフォワードデータは少ないですが、着実です。

商品データを見る限り、いい感じです。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionのまとめ

Pips_miner_EA_Summer_Editionをお持ちの方で、エントリー頻度など調節できる方は「Snipe_Edition」なくても困らないかもです。

とは言え、ねこ博士ファンで、すぐに購入金額なんぞ、回収できる方。めんどなことが嫌いな方はSnipe_Edition値上げする前に買いです。

バックテストの結果を見ていて思ったのが、2018年に限って言えば、SL80pipsはありません。

いい加減なことは言いたくないですが、今の相場に合ったEA(自動売買)かもしれませんね。
最初に書きましたが、ロット数いかんでは安定的な収益が期待できそうです。

さらに詳しい内容はここ→Pips_miner_EA_Snipe_Edition

 

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。