【話題】SBIソーシャルレンディングの魅力、評判

 NOZUです。
今年(2018年)4月20日に放映されたテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」のSBIソーシャルレンディング特集見ましたか?
見ていないなら、こちらの記事をお読みください(笑)
実際はSBIソーシャルレンディングの特集ではなく、「急速に拡大中 ソーシャルレンディング」の特集でした。
あっという間に、SBIソーシャルレンディングのファンド募集が埋まってしまう映像は、ソーシャルレンディングの活況と急速に拡大する市場がよく理解できました。
SBIソーシャルレンディングに興味があれば、こちらのサイトで余計なことを書くより、公式サイトで十分すぎるほど、説明されているのでこちらをご覧ください。

SBIソーシャルレンディングの魅力、評判

さて、SBIソーシャルレンディングの魅力ですが、ワタシの中では
  • 知名度が高い
  • イメージがよい
  • 安定感がある
に集約されます。
SBIグループ会社はSBI証券、住信SBIネット銀行はじめ、各界のリーディングカンパニーです。SBIソーシャルレンディングも同じです。
特にソーシャルレンディングは新しい市場なので、会社の規模、内容はさまざまです。
2018年5月現在、25社前後運営しています。
もし、アナタがソーシャルレンディングに投資をお考えなら、ソーシャルレンディング投資の基本は運営会社を選ぶことです。
利回りや案件の内容は2番目3番目でいいと思います。

その中でSBIソーシャルレンディングは間違いなく信頼性が高いでしょう。
会社のガバナンス、コンプライアンス能力も他社と違う気がします。

ですから、SBIソーシャルレンディングの案件に投資する際、会社については、さほど心配はしていません。
確実な利回りでソーシャルレンディングに投資するなら、SBIソーシャルレンディングは投資第一候補です。

SBIソーシャルレンディングはSBIホールディング

 

ワタシにとってSBIグループと言えば、SBI=北尾 吉孝SBIホールディングCEOのイメージです。

たまにテレビでお見掛けする北尾SEOは中国の歴史、漢文を語ったり、フィンテックのあり様について熱意を込めたり、「ザ・社長」です。
この方ほど、社長然としている雰囲気を醸し出している方はそういません。強烈なインパクトを常に残しています。
そのグループ会社ですから、勝手に安心しています。

 

SBIソーシャルレンディングの特徴

1.ソーシャルレンディング業界成立ローン第2位の規模。
2.SBIグループの安定性。他社とは会社の信頼性、規模感が違う
3.手数料の透明性
4.法人向け貸倒0件(2018年5月現在)
5.出資が面倒
6.利回りの幅が広い

 

特徴の詳細です。

1.ソーシャルレンディングの成立ローン第1位はmaneoです。SBIソーシャルレンディングは業界第2位です。

2については説明済みです。


3.手数料の透明性は下記の通りです。いくらで貸して、いくら手数料をもらうのか、簡単そうでなかなかできないことです。ここまで、明確化しているソーシャルレンディング運営会社はSBIだけではないでしょうか。

クリックで拡大↓

 

4.ソーシャルレンディング運営会社は、分配金の遅延や貸し倒れ(デフォルト)の可能性があります。貸し倒れがあれば、そのつけは投資家に回ります。確実に回収できる借り手を見つけるのは、運営会社の審査力、腕です。

【追記】SBIソーシャルレンディングでも、2018年7月に法人向け融資ではじめて遅延が発生したくらいです。しかし現在、過去の実績を見れば、SBIソーシャルレンディングの信頼性は依然として高いことがわかります。

5、SBIさんは他社と違ってお金を預かってくれません。手順で言えば申し込んだ後に申込金額を振り込みます。

振り込み忘れすると下記のように「出資」できません。
はじめての出資でもうすべて完了かとワタシ勘違いしました。気をつけてください。
逆に言えば、他社よりも資金管理がしっかりしているとも言えます。

クリックで拡大↓

 

6、は利回りが10%もあれば2%もあります。当然ハイリターンの案件はリスクもあります。
逆に2%で固く運用する方法も間違いではありません。
銀行に預けると思ったら、十分ではないでしょうか。

 

もしかしたら、他社に比べて利回りが低いなどの理由で、SBIソーシャルレンディングに投資を敬遠されている投資家もいるかもしれません。


ソーシャルレンディングの場合、分散、バランスは大切です。複数の会社に投資することで延滞や貸し倒れのリスクを軽減します。

ハイリターンだけ追い求めれば、必ずハイリスクがあります。

もし、ノーリスク、ハイリターンの案件、ファンドの勧誘があった場合には、じっくりと内容を吟味しましょう。

その点、SBIソーシャルレンディングは地味に誠実です。
応募しただけでは投資できません。振込までしっかり実行してください。

  • 利回り2%前後のローリターン
  • 利回り5%前後のミドルリターン
  • 利回り10%前後のハイリターン

SBIソーシャルレンディングの案件は種類が豊富です。
ハイリターンであれば、リスクも高まります。
上手に組み合わせて、確実性のあるソーシャルレンディングとして、資産運用しましょう。

以上、SBIソーシャルレンディングの魅力と評判でした。

SBIソーシャルレンディングはこちらで確認下さい

 

 

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。