【2018】オーナーズブックの評判はどうやってわかる?

【2018.7.17加筆、修正】

OwnersBook(オーナーズブック、以下オーナーズブック)の人気、評判がまた一段と高まっています。
皮肉なことに、その理由のひとつにソーシャルレンディング同業他社の不祥事があります。

 

2017年みんなのクレジット、クラウドバンク、2018年ラッキーバンク、maneoは当局から行政処分、営業停止、勧告等がありました。

みんなのクレジットは悪質ですが、そのほかの会社は社内のコンプライアンスが整っていないなど、比較的顧客には影響のなかった事例もあります。

 

オーナーズブックは会社の信用を大切にしている会社です。
ソーシャルレンディングは発展途上の産業なので、未成熟な部分が多数あります。玉石混合なので、運営会社選びが最重要になります。

 

  • フィンテック
  • 高利回り
  • 見栄えの良いホームページ
  • 第二種金融商品取引業登録

 

今まで、これだけの条件だけでソーシャルレンディングに資金が集まってきたのも事実です。
しかし、行政当局の方針もあり、融資先が漠然と不明、ソーシャルレンディング運営会社の経営状況も不明の中、ワタシもよく投資してきたなーと思います。

 

いくつかの杜撰な審査、経営手法により、いくつかのソーシャルレンディング会社は淘汰される、そう思っている方もたくさんいらっしゃいます。
その中、オーナーズブックは、確実に信用第一の方針を貫いてきました。

 

オーナーズブックが定期的にセミナーを開催するのは「会社を知ってもらい、投資家に信用を得るため」だと幹部社員の方は話されていました。

同業他社に問題が発生した時も以下のようなメールが当日、投資家に配信しています。
的確な情報を的確なタイミングで情報を必要としている人に送ることの大切さです。

 

○○様

いつもオーナーズブックをご利用いただきましてありがとうございます。

最近行政当局が、ソーシャルレンディング事業を営む他社に対し、金融商品取引業者が行うべき管理上の問題点が認められたとして行政処分を行うよう勧告をしました。
この一連の発表や報道に関し、不安を感じられている投資家様もいらっしゃることと思います。
ロードスターキャピタルおよびOwnersBookではどのような運営がされているのでしょうか?

【OwnersBookの各案件と出資金の運営について】
OwnersBookにおいて投資家の皆様が出資された資産は、金融商品取引法等に定められている通り、ロードスターファンディングにて自らの財産とは厳格に分別し、口座上と帳簿上の管理を徹底しています。
その上で、OwnersBookの全ての金銭の移動については、ローン契約や匿名組合契約といった契約書または約款に基づく適法な契約関係に基づいて的確に実施されています。

【OwnersBookの案件管理について】
貸付型の案件におきましては、行政当局の指導により借入人の特定につながる情報の開示はしていませんが、複数の案件で同一の借入人がいる場合、A社はA社、B社はB社と貸付先の表記を統一しています。
また、ロードスターキャピタルは第二種金融商品取引業の登録を受け、貸金業登録を受けたロードスターファンディングと密に連携を取りながら案件を管理・運営しています。

【OwnersBookの貸し倒れリスク低減の方策】
万が一債務者が融資金額を返済できなくなった際には、設定担保権を実行することで担保不動産からの回収を図ります。
案件の担保の評価は、自社の不動産投資のプロによる評価に加えて、外部の専門家による査定に基づく二重のチェックを行い、[OwnersBook評価額]を決定しています。

ロードスターキャピタルおよびOwnersBookは、日頃より顧客本位の業務運営を念頭に、投資家の皆様の資産を大切に運用しています。
今後も不動産投資、IT、金融の各方面でキャリアを積んだプロフェッショナルとして各分野独自の専門性を高度化させていくとともに、会社全体として一層高い職業倫理を醸成してまいります。

オーナーズブックが顧客第一主義の表れです

さらに詳細はこちら

 

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。