iDeCo、50代になって初めて意識した。今からできることは?

iDeCo、聞いたことありますよね。
オデコではないですよ。べたでどうもすみません。(三平)

実際、運用している方は85万人ちょっとです。ワタシもこの1,2年で制度内容理解しました(笑)

iDeCoのメリットは?

簡単に言えば、iDeCoはじぶん年金です。公的年金では不足する生活費を自分で積み立てるのです。
最大のメリットは非課税です。

税制優遇を受けながら資産運用ができます。掛け金が所得から控除され、運用益は非課税、さらに受け取り時にも優遇措置があります。

もしアナタが50歳でiDeCoに回す余裕があれば、やるべきです。
でもこの頃って、我が家もそうだったのですが、子供に一番お金が掛かる時期なんですよね。

大学生が2人いて、貯金を切り崩している最中でとても貯蓄なんて遠い話でした。
いくらメリットがあるからと言って、iDeCoが最優先ではないので、そこは家計の状況を考えてください。

単に、意識していないだけなら、アナタが50歳前半ならならまだ10年あるので、iDeCo始めるべきです。
ワタシはもう60歳近いので、もうやりません。

企業年金の一部を60歳からもらう側に回ります。

iDeCoに限らず、NISA、つみたてNISAの内容に関してはこのブログで書くよりもわかりやすいサイトがたくさんあります。
こちらをご参照ください。

iDeCo参考サイト

  • https://www.ideco-koushiki.jp/
  • https://president.jp/articles/-/21350

NISA、つみたてNISA参考サイト

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

貯蓄シミュレーションサイト

 

iDeCoにイマイチ乗り気がない方へ

ほかのサイトと同じことを書いても意味がないので、iDeCoについて意識のない方、きっかけがつかめない方は、60歳以降の夢、やりたいことを考えてください。
それと現在の資産状況把握です。

どうです?・・・

将来の不安が全くない方はiDeCoやらなくていいです。自分の生活を将来楽にしたいなら、今から考えましょう。
やりたいことがある方も同じです。

ワタシの場合、一応仕事は65歳まで、と決めています。
死ぬ時期はわかりませんが、家系から言えば80歳過ぎまで生きる可能性が高いと思っています。
65歳からは船で世界中を旅行をしたいと思っています。ただし、妻がついてきてくれるかどうかは不明です(笑)

そんなことを考えながら、老後の資産形成に励みます。

65歳過ぎて、貧乏はみじめです。
もしアナタに老後資金が枯渇する予想なら、老後にやりたいことがあるなら、そして貯められるお金があれば、是非iDeCoを利用してください。

iDeCoは使えませんが、長期、分散投資ならウェルスナビも楽だと思います。

コチラのサイト経由でウェルスナビを始めるともれなく1,500円のキャッシュバックです。

以上、iDeCoについて50歳以上が考える話でした。

 

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。