クラウドクレジットの評判、高利回り、リスクを徹底分析。

【2018.8.31追記】

クラウドクレジットの預かり資産残高が100億円を突破しました。
おめでとうございます!

 

 

2018年4月現在クラウドクレジットの平均利回りは7.1%です。

2017年12月の平均利回りが9.4%ですから、2.3%減と非常に大きな差となっています。
これは、クラウドクレジットの運用がおかしくなったわけではなく、低利回りの商品が増えたからです。
たとえば、ペルーマイクロファイナンスの2.5%の利回りが顕著な例です。

クラウドクレジットが今年躍進している理由を見てみましょう。

クラウドクレジット

 

 

クラウドクレジットとは

 

クラウドクレジットは1月16日にテレビ東京系列「ガイアの夜明け」に放映され、爆発的に口座数が増えているソーシャルレンディング会社です。
今年で4周年目に入ります。口座数、預かり資産は順調に右肩上がりです。

1年前と比較しても、社員で10名以上増え30名、トータルの預かり資産も1.9倍の約57億円になりました。ユーザー数も8000名突破の急成長です。おそらく、「ガイアの夜明け」で1万人突破もそう遠くないでしょう。

テレビ放映後、2月6日には累計登録数も2万人を突破しました。

フィンテクで期待されるソーシャルレンディング企業です。

日本人の余裕資金を海外投資に特化するなど、杉山社長がサラリーマン時代から築いた人脈、スキルを利用して他のソーシャルレンディング会社が追随できない業務、ファンドを行っています。

基本情報から見てきましょう。

基本情報

社名 クラウドクレジット株式会社
資本金 5.5億円
事業内容 金融業(第二種金商品取引業者:関東財務局長(金商)第2809号)
設立 2013年1月
開業 2014年6月
代表取締役 杉山 智行
社員数 38名
事業内容 金融業
最低出資額 1万円
期待利回り 5.3%~最大14.7%
手数料 口座開設料:無料
運用手数料:商品(ファンド)ごとに異なる
取引銀行 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
メールアドレス info@crowdcredit.jp
電話番号 03-6268-9210
株主 杉山 智行、伊藤忠商事株式会社、フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合、有限責任事業組合フェムト・スタートアップ、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社GCIキャピタル

 

 

クラウドクレジットの評判のいいところ、特徴をまとめてみました。

1 杉山社長のリーダーシップ、好感度が高い
2 豊富な情報開示
3 高利回りのファンドが多い(期待利回り4%~12%)
4 伊藤忠商事と業務提携している
5 商品開発能力が高い社会的意義がある
6 カメルーン、ペルーなど新興国などの海外向け案件開発
7 1万円から投資ができる
8 投資していることを実感できる
9 社員の顔・活動がよく見える
10 コンプライアンス体制を強化
11 セミナ―頻繁
12 ブログの内容充実
13 チャットサポートシステム
14 ソーシャルレンディングはじめて口座の動画
15業界検索数第1位

 

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。