第2号ファンドのイメージ画像

クラウドポートfundsの第2号ファンドは「デュアルタップ」

クラウドポートfundsの第2号ファンドが発表されました。
予定利回りは4.5% 運用期間は12か月です。

一般的なソーシャルレンディングの概念で考えれば、リスクが比較的少なく運用期間も適当なので、投資しやすい案件です。

第1号ファンド3案件では早期に満額成立だったの、今回も人気が予想されますね。
今回のファンド組成会社は株式会社デュアルタップ社です。

応募には口座開設が必要です。
クラウドポートの口座開設ならこちらの記事を参考に

 

1号案件と同じです。この会社、クラウドポートが貸付投資事業進出を発表してから株価が急騰しました。

デュアルタップ社の株価画像

現在(2019年2月8日現在)は735円です。
昨年末が320円前後ですから、まだ2倍以上の価格です。fundsの好影響は持続中です。

fundsの第2号ファンドは不動産型

このファンドは不動産型ファンドです。

返済原資が滞る可能性は0ではありません。株式会社デュアルタップの業績は好調です。運用期間は1年であれば、東京オリンピック後に予想される不動産不況も該当しないので、リスクは軽減されるのではないでしょうか。
ワタシが気になったのは、海外投資にも積極的なのでこの辺がリスクありそうな気もしますが、第2号案件とは直接関係ありません。

この先もクラウドポートとの協業がありそうなので、東証二部上場企業として開示される会社情報はチェックしていきます。

 

デュアルタップを知るなら動画で

YouTubeに「デュアルタップ2018年6月期 決算説明会」動画がありました。
資料を読み込むよりも、この会社を理解するならこの動画がよさそうです。

  • 4分50秒あたりから業績についての説明があります。
  • 14分過ぎから今回のファンドにあたる「XEBEC」の説明があります。

fundsの投資をお考えの方は倍速で結構ですから、ざっと見ておくといいでしょう。

今回の募集は2月15日18時です。
この時間、仕事をしているので早期に満額成立であれば、また投資できません。過熱感がなければいいのですが、どうでしょうか。

以上、クラウドポートfundsの第2号ファンド情報でした。

Funds

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。