「グルトレ+のぶし」が凄い!このコラボで勝率90%はさらに・・・

どうも、NOZUです。

FX初心者、裁量取引ベタ、ワタシとしては、このコラボ、「いけるかな」と悦に入っています。

「グルトレ」と「のぶし爆益トレード」のセットで、結構pips数、取れそうです。

グルトレEAとのぶしのデメリットとは

グルトレは、いわゆる『ぐるぐるトレイン』を簡単に実行出来て、一度設定した後は放置してもEAが繰り返し注文を執行してくれる『便利ツール』です。
グルトレは潤沢な資金で放置しとけば、基本的にグルグル回ってpips数を獲得してくれる人気のツールです。

羊飼いのグルトレEA
羊飼いが川崎ドルえもんさんに相談の上自分のために作ったグルトレEA(商品説明を読んで理解した方のみご購入下さい)
羊飼いが川崎ドルえもんさんに相談の上自分のために作ったグルトレEA(商品説明を読んで理解した方のみご購入下さい)?|?fx-on.com

のぶしの爆益スイングトレード手法(オリジナルインジケーターセット)は先月発売された日足を利用してスイングトレードする売り切れツールです。

のぶしの爆益スイングトレード手法(オリジナルインジケーターセット)
直近2ヶ月で1000pips超!ただサインにのみ従うスイングトレード!年間勝率90%!
直近2ヶ月で1000pips超!ただサインにのみ従うスイングトレード!年間勝率90%!?|?fx-on.com

直近2ヶ月で1000pips超!ただサインにのみ従うスイングトレード!年間勝率90%!

これが合体するといけるんですよ。

グルトレのデメリットはサポートの方向性を間違えると含み損がゴッソリ。7月から2個グルトレ使ってますが、この含み損とじれったい時間がイライラします。

一方、のぶし爆益トレードは、しっかりと利確できる確率の高いインジケーターですが、RSI●●、●●で基本利確です。
「もったいない」のです。バックデータを検証するとその後にも結構伸びているケースもあるので、ここがジレンマです。

そこで、両方の欠点を補うのは、グルトレ+のぶしです。

先週の結果を見てみましょう。

グルトレですが豪ドル円のサポート「買い」で入っていましたが、82.45円を天井にすぐに下落基調から戻らないと思って損切りして「売り」に切り替えました。そして、のぶしのシグナルで確証に変わりました。


セオリーですとRSI●●を割っていますので、利確です。

しかし、80円に抵抗があります。一旦、リバウンドしています。80円を割ると前回同様、78円台まで落ちていく可能性がありますので、ステーにしました。来週が楽しみです。

のぶしにグルトレを合わせることで81円から80円に落ちるまで、子注文も6本取れています。

まあ、このようにすべてうまくいくわけではないでしょうが、やって損はないツールの組み合わせです。

つまり、伸びれば、サポートのpips数が増えるし、戻っても子注文の確定はそのまま生きるので、損はない算段です。

グルトレのキモは上げ、下げの方向。これが公式サイト通りなら90%の確率で勝てる。さらに子注文の副次的な利確があれば、ステキです。

どこで決済するかは、個人の判断です。RSIを基準して決めてもいいし、相場環境によってはもっと決済を遅らせた場合もあるでしょう。

日足を参考にするので、値幅はある程度取れる気がしています。

ふたつ使っても、今なら2万円ちょっと。回収は難しくないような・・・

のぶしは今月、再販されるようです。
初回はセットで5000円でした。今回はいくらでしょうか。
インジケーターと手法別売りですが、セットで買っても値段は同じです。
RSIの数値は手法に書いてあります。

グルトレの内容と購入はここ

のぶしのインジケーターはここ
のぶしのトレード手法はこちら

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。