2018冬ボーナスの使い道は?

ボーナスに縁がなくなったNOZUです。

ボーナスの使い道ですが、世間一般にはやはり、貯蓄に回す方が一番多いようですね。

相変わらずの安定志向です。(笑)

なぜわかるかと言えば、ワタシのサイトからもウェルスナビの口座開設申し込みが12月になって増えているからです。

冬のボーナス、ウェルスナビも一考

 

こちらのサイトからですと手数料キャッシュバックのほかに、もれなく500円のキャッシュバックもついてきます。時間があれば、お試しを。

https://sociallending.hatenadiary.jp/

ウェルスナビは日本最大、シェアダントツのロボアドバイザーです。
柴山CEOのマスコミ露出度と沢村一樹さんを使ったCMで知名度を上げました。

ニューヨークダウのETFが中心の運用です。つまりドル建てです。為替差益もありますが、差損もあります。
短期運用には向いていないです。

お金に忙しい方は口座開設しないほうがいいです。逆に長期運用、5年単位で考えられる方は10万円から資産運用できますので、ボーナスキャンペーンを利用してもいいでしょう。

20年単位で考えれば、平均年利6%が期待できるのは魅力です。

アナタのボーナスの預け先は

今まで書いてきたことと矛盾しますが、今年実感したこと、訂正すること、反省したこと書きます。

ソーシャルレンディング投資は慎重に

ソーシャルレンディング投資をおススメしていました。
反面、分散投資や運営会社選びは慎重にと書いてきました。今後は、従来以上に慎重なソーシャルレンディング投資をおススメします。

今年SBIソーシャルレンディングでも1件アクシデントがありましたし、maneoでも不正融資問題がありました。
特に年利7%以上の案件は要注意です。リスクとリターンは裏返しです。

そう考えると、創業以来問題点のないオーナーズブックの健闘が光ります。

100%償還のオーナーズブック

ソーシャルレンディングの基本は会社で選んでください。

来年2019年、消費税が2%上がる予定です。年2%以下の運用ではアナタの資産が減ります。

銀行や証券会社のいいなり、金融サイトの商品紹介も自社に有利なものしか紹介しないので、よくないですね。

ギャンブル的な投資はダメですがよく考えて、2%以上の利回りを確保しましょう。

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。