50代から考える70歳雇用

還暦カウントダウンのNOZUです。

先日、転勤から帰京した高校時代の同級生Hと五反田で久々に酒を酌み交わしました。

彼の会社Tは世間では、高給取りの一流会社です。その会社、定年はすでに65歳に変更済みです。
でも実情は違うようです。

多くは語りませんでしたが、「50歳以上は早く辞めてもらいたいようだと。
「肩たたき」の雰囲気があると、ぼやいていました。

Hも今回の人事異動でラインから外れたようで、「たたかれる」方に回ったようです。
でも、会社を辞める気はなさそうでした。

翌日の日経新聞には、「50歳以上、希望退職募集、500名」記事が掲載されていました。

彼の会社でした。

社長の話によると「新ビジネスに対応するために若返りを図りたい」とのコメント。
年間所得が高ければ、社員の平均年齢も高いのでしょう。

やめない彼の立場も社長の方針もわかる気がしますが・・・

 

50代サラリーマンの道

50代以上のサラリーマンの身の振り方は大きく分けて

  • 定年まで会社にしがみつく
  • やりがいのある会社なので、このまま仕事をやり遂げる
  • ラインに乗っかているのでこのまま突っ走る
  • 早期退職優遇制度などあれば、利用して退職。第2の人生へはばたく

こんなところです。

ワタシは早期退職組です。

ワタシが在籍していた会社も社員の平均年齢めちゃくちゃ高かったです。たぶん、今では50歳手前ではないでしょうか?

ネットの隆盛とともに業界、会社とも典型的な右肩下がりでした。
よほどの経営者でなければV字回復は難しいと思われます。

 

70歳雇用は幸せか

安倍政権が、企業に雇用の継続を求める年齢をいまの65歳から70歳に引き上げる検討を始めた。人口減少が進む中、働く高齢者を増やして人手不足の緩和や、社会保障財政の安定化を図る狙いだ。2020年の法改正をめざすが、高齢者の健康や意欲には個人差が大きく、課題も少なくない。

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13737261.html?rm=150より引用

政府は70歳雇用を言い出しましたね。

70歳雇用でも年金制度が成り立たなくなれば、消費税30%とでも言うのでしょうか。

実際、70歳まで働かれたら会社も20代、30代も困ってしまうはずです。

60歳定年でできるだけたくさんの退職金を提供して、あとは自由にしてもらう。
そんな会社のほうが会社、年配者、働き盛り世代にとっていいと思うのですが。

 

その反面、本日の新聞には

日本有数の会社が7000人規模の人員削減へ
50歳以上の従業員が多い人員構成を適正化するのが狙い。

経営が危ない会社は容赦なく50代を切りに行きます。

そりゃあ、そうですよ。使えないし、動かないし、新しいこと憶えられないし。
困ったものです。

さて、提案です。

もしアナタがラインから外れていれば、60代以降に備えてしっかりと仕事をサボって、副業、資産運用学びましょう。
どうせ期待されていないんだから・・・

70歳雇用がうれしい、メリットがあると思っているなら、間違いなくアナタは若者の邪魔な存在に近くなるでしょう。

WealthNavi
OwnersBook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。